牡蠣エキスランキング|牡蠣エキスを選ぶポイント

牡蠣エキスは、妊娠中・授乳中でも飲んでいいの?
妊娠中の場合
妊娠中にはたくさんの栄養が必要となりますから、普段の食生活で足りないものを牡蠣エキスで補う考え方は大丈夫です。
牡蠣には妊娠中にも嬉しい栄養素がたくさん含まれています。例えば亜鉛は受精卵の細胞分裂にも必要となる成分ですから、妊娠がわかる前からの服用もおすすめです。妊娠に気が付いた時には既に胎児の脳や神経など重要な器官が出来上がっていることも少なくないため、細胞分裂に必要な亜鉛摂取は良いことです。ほかにも鉄・カルシウムなどのミネラルや、胎児の先天性神経管閉鎖障害の予防に繋がる葉酸も含まれています。
牡蠣は栄養価が高いといっても、食品で食べるとあたる可能性もあるため妊婦さんは避けている方も多いはずです。牡蠣エキスならその心配は少なくて済みます。
授乳中の場合
お母さんが食べたもので母乳は作られています。母乳はお母さんの血液のようなものですから、赤ちゃんに与えれば母体が摂った栄養素がそのまま伝わります。
特に母乳育児中に摂りたいのはビタミン類、ミネラル、たんぱく質などです。実はちゃんと食べているようでも栄養が不足しているお母さんは多くなっています。しっかりと栄養を摂ろうと思うとこんどはカロリーオーバーになってしまうこともあります。その意味で牡蠣エキスは牡蠣の栄養が凝縮して作られているため、栄養を摂りながらカロリーの調節にも役立つといえます。
牡蠣エキスをサプリメントで選ぶ場合は、食品由来がメインとなりできるだけ添加物が少ないものを選びましょう。牡蠣エキスのように栄養が単体ではなくいろいろと組み合わせてあるものは、ミネラルの吸収を高めてくれるため効率が良くなります。