牡蠣エキスランキング|牡蠣エキスを選ぶポイント

牡蠣エキスの副作用は?
サプリメントなら大丈夫!
牡蠣を利用する一番の副作用といえば食中毒です。ウイルスが数十個あるだけでも発症する可能性を持ち、感染力の高い感染症なのです。あたるかは牡蠣自体がウイルスを持っているかにかかっています。
その一方で牡蠣エキスなら十分な加熱をして加工されており、さらに使われている原料に注意すればさらに食中毒を防ぐことができます。清浄海域ともいわれる広島県産など海の汚染が少ない地域の原料を使っていることを確認してください。
ただし、食中毒のリスクが無いサプリメントでも飲み方によっては過剰摂取となり副作用が出る恐れがあります。過剰摂取は1日あたり亜鉛が30mg~40mg以上にならなければ問題とされているため、サプリメントに記載されている量を守れば大丈夫です。
牡蠣エキス摂取の注意点
牡蠣エキスを利用する際の注意点は、過剰摂取で副作用が出やすい亜鉛の摂取量になります。そのほかのビタミンは排泄されやすいものが多く注意する必要はないでしょう。ただし亜鉛に関しても毒性は低く、サプリメントのパッケージの量を守れば不要な分は体から排泄されそれほど影響はありません。
ミネラルは他のミネラルとのバランスが重要となっており、食品では考えられない特定の栄養素を摂取しすぎるのが問題といえるのです。亜鉛のみに特化したサプリよりも、牡蠣エキスのような様々な栄養が含まれている製品のほうがバランスは崩れにくくなります。
もし過剰摂取で頭痛や吐き気、下痢などの症状が出た場合は、サプリの服用量を調節することをおすすめします。1日2錠以上の服用量の製品を選べば朝と夜などに分けながら簡単に調節できます。