牡蠣エキスランキング|牡蠣エキスを選ぶポイント

サプリを飲んで亜鉛の過剰摂取にならないの?
亜鉛の過剰摂取
亜鉛は厚生労働省が勧める量では成人男性で10mg、女性は8mgとしています。これに対し平均的な量では男性が8.8mg、女性は7.8mgですから極端な量は不足していないこととなります。ただしこれはあくまでも平均的な量で、規則正しく3食食べている人の量です。インスタント食品やジャンクフード、外食が多い方、好き嫌いが多い方などは不足しがちです。

ではサプリメントを飲むと過剰摂取になるのでしょうか。1日3食バランスよく食事をしている方にとっては少し量が多くなります。しかし過剰摂取となる程ではありません。このような方は亜鉛の摂取量が少ない日にサプリを飲みましょう。極端に食事で亜鉛が不足している方はサプリのパッケージに記載されている量を普通に飲んでも過剰摂取にはなりにくいといえます。亜鉛が不足している方は毎日の摂取がおすすめです。
亜鉛の許容上限摂取量
亜鉛をどのくらい摂取すると副作用が出るかは個人差があります。日々の食生活や腸からの吸収量でも左右するからです。一般的には1日に30mg~40mgを上限とすると副作用が出にくいといわれています。もしこれより少なくても頭痛や吐き気、下痢などの症状があるようなら調節してください。これより多く飲む場合は医師の指導により必要だと判断された場合のみに留めましょう。
副作用が見られた例では1日に100mg以上の摂取を長期間続けている場合に多くなっています。通常のサプリメントでは1日10mg以下、または20mg以下の設定となっていますから、普通に飲む分にはそれ程注意する必要はありません。もし過剰摂取となっている場合は貧血が見られたり、免疫力が低下するなどの症状を引き起こすこともあります。
つまりサプリを飲んでも大丈夫?
結局亜鉛サプリや牡蠣サプリは過剰摂取になるのでしょうか?注意したいのは亜鉛単体で栄養素が含まれる合成サプリです。牡蠣は100gあたり20mg~30mg程度の亜鉛が含まれます。つまり推薦量に達するためには1日に牡蠣を3個~5個は含めなければいけません。現実的にこの量を1日分のサプリとすれば多くの量が必要となります。さらに牡蠣には亜鉛以外の栄養素も含まれているため、1日に数錠飲んだからといって過剰摂取になるほど飲めるとは考えにくくなっています。
逆に合成サプリの場合は亜鉛だけを入れることができますから、海外の製品では1日分30mg以上の製品も売られています。この場合は過剰摂取になる危険性が高いといえます。
つまり天然原料のサプリを選べば、副作用が出るほどの亜鉛は摂取できないこととなります。気になる方は食事で亜鉛を摂った日はお休みすれば問題ありません。